南葉山の海からお届け

心からほっとする時間を

こんにちわ^^

海と森と micaco です!

クラウドファンディングに挑戦中!!

引き続きよろしくおねがいいたします!

今日は、リラックスすることの大切さを綴りたいと思います。

みなさんは、1日の中、1週間の中にリラックスする時間、ぼーっとする時間、ありますか??

そんな時間ないーー!!!と、いう方にこそ、意識的にその時間をとってほしいのです。

朝そのために、少し早く起きて、ウォーキングする、

とか、寝る前にキャンドルを灯して火をぼーーっと見る、とか。

あと、お気に入りの雑誌をパラパラとめくる時間なんかもおすすめです。読み込むのとはまた違った、パラパラと見るのがインスピレーションをくれたりします。(といっても、気づいたら読み込んでること多いですが笑)

瞑想。と頑張らなくても、ただただぼーっとする時間。なんにもしない、をする時間を。

あれこれ考えてしまう、って方は、波の音をぜひ聞いてみてください^^

15分くらいの長さなので、ちょっとした時間にぴったりかとおもいます。お風呂の中とかで聞くのもおすすめです^^

最近のわたしは、早朝に30分ほど歩いてます。

あいふぉんを置いて。

朝すごく綺麗だから、思わず写真撮りたくなる→思わずインスタストーリーにあげたくなる→スマフォの世界に捕らわれてしまうので、思いきって、デジタルデトックスの時間にしてます。

朝、その時間をもつことで1日がゆっくり始まります。朝が得意な方もいれば、夜が好きという方、それぞれだとおもいます。自分の好きな時間に、自分のためだけの時間を毎日の中に是非取り入れてほしいです^^

日常の中にこそ、リトリート的な時間を♡

この度、長谷川エレナ朋美さん考案のセルフリトリート™️インストラクターになりました!

グループワーク、パーソナルともに

南葉山リトリートSPA 海と森とで、セルフリトリートを行なって参ります!

時代が大きく変わると言われてる2020年に入る前に、一度立ち止まって自分の棚卸しを一緒にしてみませんか。

海沿いを歩いたり、森のアロマロールオンを作ったり^^

グループワークは、みなさんの想いなどをシェアすることで、新しい気づきがたくさんあります。そして仲良くなれる。

パーソナルは、じっくりと自分のことを見つめる時間をとっていただけることと、ワークがおわったら、オーシャンビューバスに入って頂き、トリートメント。

天気が良ければ、畑に行ったりもしたいなぁと考えております!自分で採った野菜でサラダ🥗にして食べるだけでもかなり満たされるものがあるのを感じてほしい!

いろんな経験をしてきたわたしだからこそ、伝えられることもあるとおもってます。

前回の記事に、わたしのこれまでの道のりを書いたのはなにか共感してもらえたりしたらいいなとおもってかきました。

ジェットコースターみたいな、人生ですがほんとそれを好き好んでやってきてるんだろうなって理解してきました。

もう降りて、メリーゴーランドがいいな🎠

セルフリトリートのワークの中には、過去の精算や、マインドマップをつくったりの時間をとっていきます。

共感。とかきましたが、共感はそれぞれ歩んできた道のりはみんな違うから、ほんとうは出来ないとおもってます。当人しかわからないことってあると思う。だけど、その共感することって難しいよね、ってことに共感する、というか、いろんな経験をされてきていることにリスペクトを持ってお話しを伺いたいなって思います。

海と森とで過ごす1日はあっという間で、余韻もたのしんでもらいたいため、ご希望の方はお泊りプランも考えてます!

お写真や、ご感想のご協力を頂きたいため、数名特別価格でご案内したいとおもっております。ご興味ある方は、ご連絡ください!

グループワークの日程は、またこちらでもご案内させて頂きます!

パーソナルセルフリトリートは随時ご予約承ります!

https://line.me/R/ti/p/%40ltg6250g

今週中に60パーセント超えていきたいところ、、、!!!

銀行振込やPay-easy支払いをお選びの方、お支払い完了で、カウントされる模様なのでどうぞよろしくお願い致します!!

次は、おすすめのリターンについてまた書きたいとおもいます!

やりたいことのひとつとして、海と森とをセラピストさんの願いが叶うスパにしたい!

プラットフォームに育てていきたいとおもってます!

お泊りプランでレンタルサロンは、自分を次のステージに上げたい方には、本当におすすめです!!

気になってる方は、お気軽にお問い合わせくださいね^^

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます😊

南葉山リトリートSPA 海と森と

ライティングデザイナー

micaco

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP